2017年7月23日日曜日

マクロレンズを通して見た世界

夏は色々な集まりごとが多く、なかなかゆっくり趣味の世界に浸る暇がありません。
誰にも会わない、どこにも出かけないという日があると、この頃楽しんでいるのはマクロレンズの世界です。

庭の花を激写しながら、使い方を試行錯誤中・・・
ミネソタに引っ越してきてからずっと使っているコンパクトデジカメの、ひとつ上のレベルが目指せるか!?

オートフォーカスに慣れ切ってしまっているので、手動でピントを合わせるのが難しいこと!
息をひそめる感じでズームを調整していくと、ボケボケの世界に突然クリアな被写体が浮かび上がり、胸が高鳴るようです。
子供の頃、サンタさんからプレゼントされた顕微鏡を思い出します。

弦楽器の調弦の時みたいに、1ミリずれると全然違ってしまう感じ。
意外なところに共通点を見出し、ひそかに自己満足しております。

一眼レフカメラ(ミラーレスですが)超初心者です。
どうぞ、撮影練習にお付き合いくださいませ。
(もっと大きく写せるはずだけど、技術不足につき、まだ遠慮気味です。)

雨上がりの庭の花たち。

次々開花する、星のようなペンタス

去年植えたユリが、増えたらしい

ミネソタでは、パンジーやビオラは夏の花

1日でしぼんでしまうデイリリー(雨粒が、何だかタコを連想させる・・・?)

こちらは、晴れた日に撮影しました。

ムギワラギク(多分)

ペチュニアなどの寄せ植え
薄紫色の花が大好き♪

巨大なマリーゴールドに蜘蛛が!

家の周りのトレイルも、カメラを持って探検。

ぼんぼりみたいなミルクウィードのつぼみ
開花し始めたところ(どこにフォーカスすればよいのか迷う・・・)
きゃ~! ミルクウィードが大好きなオオカバマダラの幼虫に挨拶された!

名前がわからない、色鮮やかなワイルドフラワー

昨日と今日は、いつも買い物などに出かける町で Art in the Park という催しがありました。
陶芸品、木工品、アクセサリー、写真などたくさんのブースに混ざって、私が所属するオーケストラも毎年ブースを設置します。

シーズンチケットやオリジナルTシャツの販売、そして通りかかる子供たちに実際に楽器を触らせて体験してもらうのも、大きな目的でした。

今日は私もお手伝い♪ ノリの良いアメリカンキッズは、楽器体験を大いに楽しんでくれました。
この中から、ヴァイオリンやチェロを実際に習ってみたいというお子さんが出てきたら嬉しいな~

地元の新聞より。彼は団員であり、音楽教室の先生でもあります。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2017年7月17日月曜日

禁断の味を知ってしまった1歳の誕生会

週末、親戚のEちゃんの1歳の誕生会に招かれました。
4ヶ月がかりで企画したという凝ったパーティーです・・・親の愛情ってすごいものだな~!

テーマは "Bee"
もし持っていたら黄色と黒の服を着てくるように言われ、飾り付けも料理もにちなんだものでした。

手作りのケーキ(中は4段にスライスされていました)


チーズボールも、ハチをかたどったもの

チーズボールは、アメリカのホームパーティーによく登場します。
クリームチーズに色々な材料を混ぜ合わせて形作るもので、おつまみ系あり、デザート系ありでおいしい!
クラッカーに乗せていただくことが多いです。

ここにもハチがブンブン♪♪

ドリンクは大人用と子供用の両方


プレゼントはこちらへどうぞ♪

パーティーの山場は、今まで甘いものを一切与えられなかったEちゃんが「生まれて初めてケーキを食べる」儀式でした。

この可愛らしいケーキを作るのに、一体どれだけの時間がかかったのかしら・・・

クマンバチ・・・!?

Eちゃんは、いきなり裸にされてしまいました。後で、それは大正解だったと納得。

みんながニコニコと見守る中、



いよいよママが、最初の一口を与えます。


二口目は、じっくり確かめるように自分で・・・大人の味がしたかな?


クマちゃんの頭が、ついにコロリと落ちた!


可愛いお顔におひげが・・・!


「知らなかったわ、こういう味。なかなかいけるじゃないの。
(今まで、よくも秘密にしてたわね!)」


黙々とひたすら食べ続けるEちゃん。ケーキがどんどん小さくなっていきます。


「あら、お皿も結構いいもの使ってるじゃないの。ウエッジウッドかしら。」


「楽しすぎるわ♪ この感触がたまりませ~ん!」(こっちに向かって投げるなよ~)


この後、Eちゃんはお風呂に強制連行され、ケーキの残骸はこの通り。。。


ファーストケーキに食らいつく画像は、きっとEちゃんの結婚式の時にも公開されるのだろうな・・・とみんなで笑っていました。

ついに禁断の砂糖の味を知ってしまったEちゃん、これから虫歯には気を付けてね!
家族の愛情をたっぷり受けて、どうぞ素晴らしい人生を♪


夫の従妹が、Eちゃんのひいひいひいおじいちゃん&おばあちゃん(という呼び方でいいのだろうか・・・)の写真を持ってきてくれました。

夫にとっては、曽祖父母 great-grandparents にあたる方たちです。
お二人とも長生きだったので、夫は子供の頃たくさんの時間を一緒に過ごしたそう。
そんな思い出の詰まった彼らの家はダウンタウンにあり、今でもどなたかが居住しています。


Eちゃんの大叔父さん(夫の従弟)とうちの息子、夫の姪のひとりは、彼らのお名前をつけさせていただいています。
日本ですと、「忠左衛門さん」とか「トメさん」などでは無理そうですが。

このお二人からバトンを渡されて、たくさんの命がつながっているのだな~
きっと、みんなのことをいつも見守ってくれているに違いありません。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2017年7月14日金曜日

イチゴとサクサクのベルギーワッフル

今年も、家の近くにあるイチゴ畑とレストランが7月初めにオープン。
ご家族で経営の Mistic Berry Farm という所で、2012年に初めて訪れて以来、毎年通ってきました。

画像は、上のサイトより

レストランの目玉は、あま~い採れたてイチゴと生クリームがたっぷり乗った、サクサクのベルギーワッフルです。
朝7時に開店ですから、早めに行くのが正解よ。
ぐずぐずしていると並ぶ羽目になる、大人気の店なのです。
それに2週間ちょっとで閉まってしまうので、もし行き忘れたらまた来年まで待たなくてはなりません。

2012年に書いたブログ記事も、ぜひお読みくださいね。
 ⇒ イチゴ狩りとベルギーワッフル

孫でもいれば、一緒にイチゴ狩りも楽しいでしょうが、私たちはスタッフが摘んでくれたイチゴを箱ごと買ってしまいます。これで20ドルでした。
こんなに形が良くて甘いイチゴ、アメリカではなかなかお目にかかれません。


つやつや~!


アメリカの普通のスーパーで売っているイチゴは、味が淡白な上にいつまでも日持ちがして何だか怪しいのです。
すぐに傷んでしまうけれど甘さたっぷりの、日本の「あまおう」などが懐かしいな~


こんなには食べきれないので、1/3位は冷凍保存しました。。
それから、独立記念日の集まりでお世話になった義妹夫婦をご招待して、家でもベルギーワッフルのブランチ♪
ホイップした生クリームをたっぷりと、夫特製のメープルシロップもたら~りとかけて・・・
おみやげにも、イチゴをおすそ分けです。


こんな時は、数年前に買った一度に2枚焼けるワッフルメーカーが大活躍!
2012年のブログ記事では、ワッフルが家でうまく焼けない!と文句を言っていましたが、買い替えてからは失敗なしです。

Waring ProProfessional Double Belgian Waffle Maker というのを使っています。
(今はもう、全く同じ型は売っていないかも・・・)

画像は、Amazon より

上の型に生地を流し込んで閉じたら、クルリと180度回転させ、もうひとつのふたを開けて同じようにします。
理想的なサクサクのワッフルが短時間でどんどん焼けて、クルクル回す動作も何だか楽しい♪

このワッフルメーカー付属のレシピの中から、イーストを使う本格的なワッフルも作ってみたことがあります。
それはそれでとてもおいしかったのですが、その後はもっぱらこちらのミックスのお世話に・・・


何と言っても簡単ですし、箱に書いてある通りに作っただけで文句なくおいしいです。
だんだん、ズボラになってきたかも・・・


イチゴ畑を見るたびに、ビートルズStrawberry Fields Forever が頭の中で鳴り始めて止まらなくなっちゃう。
5年前の記事でもご紹介しましたが、元動画が削除されてしまったので、またしつこく載せます。


NHKの朝ドラ「ひよっこ」で、ビートルズが来日した頃の熱狂的大騒ぎを少し前に描いていたため、今年は特に懐かしく思い出しています。
ビートルズが大・大・大好きな小学生でしたが、コンサートに行くには幼すぎた私です。。。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2017年7月10日月曜日

ミネソタに移住してよかったとつくづく思ったこと

土曜日の夜は、サマーコンサートに出演しました。
快適な晴天に恵まれた日、皆さんミネソタの短い夏を屋外で大いに楽しんでいるはず。
客入りが心配でしたが、意外と大勢のお客様が客席を埋めてくださいました。

今回のゲストは、モンタナ州出身でグラミー賞にノミネートされたこともあるピアニスト、フィリップ・アーバーグ Philip Aaberg さん。
ニューエイジミュージックで一世を風靡したウィンダム・ヒル Windham Hill レーベルでも、数々のオリジナル曲をレコーディングしている方です。



木曜と金曜の夜にリハーサルがあり、オーケストラだけの練習はなしで、いきなりソリストと合わせてしまいました。
ヴァイオリンだけの楽譜を見ても、どんな曲だかさっぱりわからないものもあったのですが、みんなで合わせるととても楽しかった♪

ウィンダム・ヒルから出ているアルバムは、代表格のようなジョージ・ウィンストン George Winston のものをはじめ、我が家には結構たくさんあります。
21年前に日本で買ったウィンダム・ヒルのピアノ譜をチェックしたら、フィリップさんの曲が4曲入っていることが判明!

結構弾きこんで、年季が入ったピアノ譜

金曜のリハーサルの前に、個人的にフィリップさんと話す機会があったので(ラッキ~♪♪♪)その楽譜を見せたところ、大感激してくださいました。
彼は日本でもコンサートを行ったことがあり、「植村直己物語」の映画のサウンドトラックも担当したと教わりました。

楽譜の裏表紙にサインをお願いしたら、温かいメッセージ付きで私の名前を入れて書いてくださった・・・一生のお宝だわ♪


家で他のウインダム・ヒルのCDも調べたところ、大昔(笑)に買ったウィンダム・ヒルの「ちかい(誓い)」と、「こころ Heartというアルバムに、モンタナ・ハーフライト Montana Half-Light という彼の曲が入っていました。

「ちかい」は結婚式用に特に選曲されたアルバムで、この曲は「新婦退場&お色直し」用ですって。
それにふさわしいかどうかはともかく、これを聴くたびにシンプルで優しいメロディーに癒されていました。
懐かしい曲と共に、若かった頃のことを色々と思い出します。



さて、サマーコンサートは例年通り「アメリカ国歌」からスタート。
独立記念日に近いので、恒例となっています。

最初に出演した年は、客席の皆さんが全員起立して手を胸に当てる様子にどぎまぎしてしまいましたが、もう慣れたものです。
私も図々しくなってきたのかな?

生まれ故郷のモンタナへの愛にあふれたフィリップさん。
モンタナの昔の農場の風景などを、ステージ上の大きなスクリーンにスライドショーで映しながらの演奏もありました。

クラシックをベースに、ロック、ジャズ、教会音楽など幅広い要素が取り入れられた彼の音楽。
ノリノリのものからじっと聴き入るものまで多種多様で、客席からは盛大な拍手でした。

合奏した中の1曲も、ピアノソロの1曲も、私が持っているアルバムに入っているもので、とても感慨深かったです。
昔々CDや楽譜を買った時、まさか将来彼と話したり合奏できる日が来るなんて、夢にも思いませんでしたから。


コンサート終了後、サイン会を兼ねてロビーでフィリップさんのCDや楽譜の販売がありました。
私も長い列に並んで、彼のピアノ譜を買おうとしていたら、「あなたには僕からプレゼントします」と、何と無料でくださったのです

うわ~、何だか天にも昇る気持ち!!
ミネソタに移住し、この町のオーケストラに入れていただけて本当によかった♪

会場の外に出ると、東の空には上ってきたばかりのオレンジ色の大きな満月、西には美しい夕焼け
以前から好きだった世界的ミュージシャンに親切にしていただいた喜び・・・運命の不思議にも思いを馳せたこの日の空の光景を、絶対に忘れません。

CDを買った時、耳コピしようとトライしたことのある Montana Half-Light (その時は、途中であきらめた・・・)。
思いがけず、約30年後に作曲家ご自身から楽譜をプレゼントされ、涙が出そうな感激と共にさっそく練習しています。


★7月8日のサマーコンサートプログラム
   オレンジ色が、Philip Aaberg さんと共演した曲です。 


     The Star Spangled Banner  アメリカ国歌
     To the Mountain
     Prairie Song
     Upright (ピアノソロ)
     From the Ground Up

        Intermission 休憩
     
     Stars and Stripes Forever 星条旗よ永遠なれ
     Every Deep Dream (ピアノソロ)
     High Plains
     Nevertheless Hello 
     Westbound-Don't Stop 
          


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2017年7月4日火曜日

Happy 4th of July!

今年の独立記念日の親族パーティーは、先週金曜日から延々と続きました。
こういう大勢での集まりのために大きな家を建ててくれた義妹夫婦に、大感謝です。
(以前は、我が家に大集合がほとんどでしたので・・・)

今回は、総勢25名。金曜の夕方から、ぼちぼち集まり始めました。
お泊り組が大勢で、義妹たちはさぞ大変だったことでしょう。

土曜日に水遊びをする予定でしたが、あいにくあまり気温が上がらず、とても湖に飛び込める状態ではありませんでした。
たくさん着込んで、数時間だけクルージング



次の日曜日は、ぐ~んと暖かくなりました。
水遊びの道具もたくさん揃っているので、みんな思い思いに楽しむことに・・・


大人たちは、一日中とにかく飲みまくっていた感じ。これが一番の楽しみよ♪


子供たちは、ぼうっと浮かんでいたり・・・


あんなことや、こんなこと。



カヤックの子は、何と3歳です。さすがミネソタン!
自転車も、もう補助輪なしで乗っているのがすごい!!


初めて水上スキーにトライし、2度目にはしっかり立ち上がって華麗にすべる彼。
みんな、運動神経抜群です。


毎日の食事はほとんどシンプルなものですが、みんなで手分けして用意しました。
男性陣も料理好きが多くて、多大な貢献です。
後片付けも、娘たち世代が率先して手伝ってくれるので助かります。

カリフラワー、ブロッコリー、マッシュルーム、みんな生で食べてしまいます。


私は土曜日に、天ぷらを揚げまくりました。
去年のが好評だったので、ヨイショされると嫌とは言えません。

揚げているそばからみんなが味見・・・お世辞ではなく、おいしい!と言ってくれていたみたいです。
忙しすぎて、残念ながら写真はなし。

揚げたのは、義妹のご主人がカナダで釣ってきたウォールアイ(白身の魚)16匹分。
一口大に切ると、1ガロン入りのジップロックにぱんぱんの量でした。

衣は、小麦粉(cake flourを使用)1カップ+ベーキングパウダー小さじ2+卵と冷水を合わせて1カップを基本量に、今回はその3倍を使用しました。
衣がサクサクカリッと、軽くおいしく出来上がります。

天つゆとして使ったのは、アメリカのアマゾンで購入したキッコーマンの「本つゆ」ですが、これが大好評!
食事後、さっそくオーダーしていた人も・・・

日曜は夜中近くまでずっと湖で過ごし、花火が上がるのも見学。
シニア世代は、さすがにお疲れ気味。みんな飲みすぎだしね。

昨日我が家に戻り、お昼前に娘たちも帰ってしまったため、今日の独立記念日当日は割とゆっくりと過ごしました。
花火の音が盛んに聞こえてきて、今夜もあちこち賑やかだったことでしょう。

やれやれ、今年も無事に終わった。。。
親族の集まりの中で、独立記念日は多分最大のイベント・・・事故もなく終了でほっとしています。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...